法的専門知識センター
エキスパート研究所連邦ネットワーク


2012年初頭において、「法的専門知識センター」はロシア連邦での最も大きな非法的専門知識の施設として設立されました。

法廷で司法権が及ばない独立した広範囲の専門知識を提供する大規模な法的専門知識の設立上の概念のこれまでの実績により、このような称号を得ました。
センター内では200名を超えるスタッフ、そしてロシア連邦の広範囲から集結した地方研究所の約100名の個人事業主を含む、計300名近くの働くエキスパートたちが働いています。(2012年3月時点)

もちろん、センターでの契約者の中心は弁護士や法律事務所でした。
主要な専門知識シェアは確実に独立していましたが、エキスパートサービスの顧客は著しく変動しました。

近日、司法権が及ばない(独立した)専門知識の量が毎年減少している中、法廷と法執行構造の専門知識管理申請の87%近くが上昇しています。

名誉ある地方自治体のモスクワ仲裁裁判所、モスクワ地方仲裁裁判所、経済犯罪科のモスクワMIA自治体、モスクワ軍事省軍事裁判所オフィス、モスクワカスタム自治体等が私たちのコンスタントなパートナーです。

私たちの本社はモスクワ・シティーのほとんどの地方裁判所とのコラボレーションを続けている一方、地方研究所は専門知識サービスにおいて法的に実績を積んでいます。そのためロシア連邦における仲裁裁判所は私たちのセンターのサービスを推奨しています。

法廷と法執行部とのその類のコラボレーションは、依頼人にもっと自由な選択肢(法規、仲裁裁判所、独立した専門知識構成の問題についての法廷と法執行部専門家、開業弁護士など)提供を可能にするため、私たちがスタッフ・エキスパートになりました。また、専門知識とは何か、正確な定義を常に追い求めています。

ロシア連邦の連邦・市の州省との法廷で独立した専門知識を共同研究することができ、大変光栄です。

私たちは、我々のブランドを常に向上させ、専門知識の期日を給与支払いの3~30日を過ぎないよう心がけます。

単に比較するためだけに、私たちは、構築技術的専門知識管理用語が18か月まで上昇させることができることを例として示すことができます。
これこそが、私たちが、州の専門知識部と異なる明確な点です。


私たちが管理している専門知識のリスト:

文書の専門知識

文書の専門知識 — 手書き専門知識(署名、手書き、記述あるいはタイプされた専門知識)ドキュメント技術的専門知識(スタンプ、シールおよび書類識別専門知識)を含む。

手書き専門知識は署名、テキストおよびドキュメントが偽物であるかを管理する。このような専門知識は、犯罪者か民事訴訟設立の構造中の法廷紹介文字に基づいて、執筆鑑定が一致することが求められる。

技術的専門知識が必要なドキュメントは、ドキュメントの偽造があると定義する:スタンプやシールや印象や他の非原稿文書の必要条件

ドキュメントの稀薄の専門知識がインクおよびジェル・ペンで作られた後日付ドキュメントの検知を可能にする。


音声研究専門知識

経済専門知識は次の金融に関するものを含む
民事刑事および論争に関する財務(会計・税務)分析。

エネルギー専門知識はHCSの分野において最も人気です。
電力、エネルギー、熱、ガス供給の専門知識等の専門知識を含みます。
エネルギー専門知識の主なタスクは妥当なHCS価格と運賃によるものです。

簿記試験 — 犯罪者と一番市民との間、及び企業間、機構間の経済活動にて生じた紛争解決に関連した任意のケースにおいて、経理の専門知識を必要としています。経理の専門知識を活用して、財政状態や違法行為の是非を明らかにすることを支援できることを目的とする試験です。

財政的・経済的な試験 — 非常に広く活用されます。つまり、経済犯罪やあらゆる経済機構間の紛争の調査に関わる非常に複雑な課題を解決するための手助けとなる試験です。

会計に関する試験 — EFFDコミッションに関する会計調査の枠組み、或いは様々なRFMIAデパートメントに反した経済犯罪の調査委員会による犯罪調査の枠組みに基づいています。この知識はまた、EFFFDデパートメントと経済活動にまつわる要素(税金やサービス料金の支払いと再計算、あるいは財務上の罰金やその他課税などの対象となる納税者)との間で起こるあらゆる紛争の解決のためにも活用されま.


自動車エンジニアリングに関する試験一覧

自動車エンジニアリングに関する試験 — 高速道路輸送の研究に要するもの、輸送技術や自動車事故、道路状況や自動車売買、を明確にするための独自の自動車専門知識を問われます。

高速道路交通研究に関する試験 – 自動車交通のトレースの研究、トレース構成メカニズムの定義、何がそのようなトレースを残したかを明確にすることを目的とします。

自動車事故の状況証拠に関する試験 — 自動車事故の当事者達の責任のレベルを、自動車事故の状況とその結果(衝突までの各車の速度・破損度・衝突回避の可能性)により選定する能力を要求されます。

交通技術の近況に関する試験 — 自動車の故障理由について詳細に調べられるかを要求されます。例えば構造的欠陥により生じたものか、運転中に生じた(間違った操作による不備)ものかを調べ、それらが事故にどの程度影響したのかを特定します。

自動車売買に関する試験 – 自動車の認証処理(型式・製造年・技術仕様・輸送に関する状態の評価)やその費用、及び事故時の修理費の査定を認可する試験です。

道路交通に関する試験 – 道路交通における問題(走行状態)と自動車事故の前の技術的条件や事故現場のトレースの状況を見当する試験です。


エンジニア全般に関する試験一覧

エンジニアリング・技術試験 − 自動車技術の試験、装備や技術的ライン、ギアないしはオートマチック装置・各種機器・骨材・装備の据付・その他機器に関する試験があります。

電気機器、電気技術に関する装備、電力ネットワーク、発電機、発電所、電気設備、そして電動の複合的製品やその他電動製造機器に関する試験があります。

ソフトウェア・ハードウェア・IT(データ)・ネットワーク・アプリケーションを自主的に構築できるかを要求されます。

防火技術に関する試験 — 住宅物件・商業物件の調査、乗客やトラックの防火設備、そして乗用車やその他製品の装備を熟知できているかを問われます。

エネルギーの監査に関する試験 — 建築物内の各設備・機器のエネルギー効率、熱・電力各エネルギーのロス、エネルギー節約への意識強化、エネルギー源の発見と一掃といった複雑なエンジニアリングを監査することを目的とします。

映像技術に関する試験 − 映像機器の選定、ビデオに編集・コピー・削除または意図的なストップなどの問題がないかを調査いたします。

写真技術に関する試験 – 映像機器・写真機器を用いて、画像形成・ポジフィルム・ネガフィルム・撮影環境・レタッチ・編集が自然に行えることを目的とします。


エンジニア全般に関する試験一覧

エンジニアリング・技術試験 − 自動車技術の試験、装備や技術的ライン、ギアないしはオートマチック装置・各種機器・骨材・装備の据付・その他機器に関する試験があります。

電気機器、電気技術に関する装備、電力ネットワーク、発電機、発電所、電気設備、そして電動の複合的製品やその他電動製造機器に関する試験があります。
ソフトウェア・ハードウェア・IT(データ)・ネットワーク・アプリケーションを自主的に構築できるかを要求されます。

防火技術に関する試験 — 住宅物件・商業物件の調査、乗客やトラックの防火設備、そして乗用車やその他製品の装備を熟知できているかを問われます。

エネルギーの監査に関する試験 — 建築物内の各設備・機器のエネルギー効率、熱・電力各エネルギーのロス、エネルギー節約への意識強化、エネルギー源の発見と一掃といった複雑なエンジニアリングを監査することを目的とします。

映像技術に関する試験 − 映像機器の選定、ビデオに編集・コピー・削除または意図的なストップなどの問題がないかを調査いたします。

写真技術に関する試験 – 映像機器・写真機器を用いて、画像形成・ポジフィルム・ネガフィルム・撮影環境・レタッチ・編集が自然に行えることを目的とします。


建築に関する試験一覧

建築に関する試験 − 各ユニット(住宅、ビル、アパート、その他建造物)(перевод: строительная экспертиза) の建設作業の品質管理、既に存在するBNRと調和する建築プロジェクト、経済的でかつ着工に不自由ない建築見積もり、上下水と空調などのインフラ設備の管理、火災・洪水・その他損傷への修理費用のアセスメントに関する知識を問われます。

建設プロジェクトに関する専門知識により、建設部門のプロジェクト文書を徹底検証いたします。

建設見積に関する専門知識 をお客様と契約業者と共有することで、文書内のミスを事前に防ぎ、予想外の支出を抑える事ができます。

通信・連絡設備の構築に関する知識 は建設に関わる専門知識の中でも大変重要であり、換気システム、火災報知器、暖房設備などの設定や、排水・下水設備の調整そしてエンジニアリングの通信・連絡システムを設定いたします。

技術 監視システムにより、建設部門で進行中のプロジェクトの建設品質を保つため、建設プロジェクトの計画段階から、完成まで徹底的に管理いたします。

洪水および火災に関する専門知識により、保険料の支払いや損失補てんの合計額を算出し、またアパート、所有地、所有物件、家、または事務所内での洪水(火災)の関係当事者または原因を突き止めます。

建設品質管理により、建築、組立て、修理、改装、改修事業を、あらゆる建築規制・規則 (CNR および SS)の基準に基づき、実行します。

ビルおよび建築物の技術的検証 は、資金の準備および改修工事、再建築および既存の建築物のリニューアル工事において、計画を立て直したりする際など、通常または特別な検証が必要です。

建築測量 は、特殊な性質をもっており、図面での見積りと調査で測量します。例えば、検証されたプロジェクトの規模、またはその文書に従い予定された建築資材の組立等についての測量を実施します。


査定に関する専門知識

査定に関する専門知識には 不動財産査定 – 居住用および商業用様々な場所の土地面積の査定 (偽造または意図的な)破産時における事業の独立査定 に関する知識、 そして 車両及び設備に関する知識があります。我々は何点かの理由により、車両査定部門を、独立させることにしました。

車両査定 現在の市場における相場価格の査定を含み、それは遺産の引き継ぎ、Tの販売、再引き継ぎ(Tの販売、購入または寄付)、手放す際やレンタカー業務において大変重要です。

資産査定 は信用および所有地の貸付期間、資産及び法廷での訴訟、不動資産の販売、購入、会社の資産の再見積り、賃料の決定及び財産の相続にとって重要です。

土地査定 実現可能な使用方法を決定します。販売時の市場適正価格を判断し、土地を貸す際の借地料を決定します。

事業査定 は企業および事業の本当の価値や株価の査定を行います。事業査定をすることにより、お客様の会社及び事業に関して、または今後のさらなる発展、仕事の効率性、展望、見込まれる利益、そして競争力についての合理的な結論を下すことができます。

機械および設備査定 は様々な機能を持つ複合機および電力装置を含む、木摺りラインや生産ラインを査定する際に最適な方法です。会社資産評価および再評価の際、既存の会社設備を、会社の名目資本に入れるようになっています。例えば設備の販売、購入及び、設備の廃棄などは記録されます。


測地術専門知識

測地術に関する専門知識, 最も需要があるものは共同所有者(ご近所の方、子息)間の 土地の 分割 です。測地術に関する専門知識 は土地を分割している自然の障害物を取り除くのに必要不可欠です。森林、農業用地、特別保護区域、整理区画、国有及び地方自治体で所有している土地を含む、様々な場所の自然の障害物を取り除く作業などに関する独立した専門知識です。従来の土地測量に関する専門知識に加え、区画整理された土地に陸標をつける作業も実施しています。

土地の分割 は売買の際や、家屋の分割、二つの土地区画の統合、遺産の引き継ぎなど、土地を分ける必要がある際に必要です。

土地内の自然の障害物の排除 は陸標が無くなった際、または、測地業務の際に、推奨されます。土地内の自然障害物の排除は、いくつ盛り替え点があろうと、あらゆる土地の、あらゆる自然障害物に対して実行されます。

陸標 は、土地区画の境が検証された場所において、その土地区画を定めるために、設置され、修復されます。


医療に関する専門知識

人に関わる専門知識は、全ての医療に関する専門知識を含みます。つまり健康を害している程度、機能障害の程度の確認を含む、あらゆる形式の司法医学による監察、医療サポート内容に関する専門知識(医療サービスの専門知識)、司法精神医学、司法心理学、司法歯科およびその他の独立司法医学の知識を含みます。

医学学術調査は法の執行または法廷処方に基づいて処方されて、人間の健康状態(起こっている状況)の問題に関係があります、そしてそれは、否定的に影響された人間の健康ー意図的、偶然的危害、無資格の医学干渉または無資格の医療扶助、働く能力レベルの定義その他のレベルです。 そのような専門知識の単位は、生きている人々、身体、生物学的起源(精子、血、リンパ、骨、髪その他)の物的証拠です。

精神医学学術調査 は法廷、研究者機構に基づいて、強制的または、任意的の原則で行われた。 このような学術調査は、人間の精神状態と健康、そして健全か不健全か明らかにした。

リンク 歯科学学術調査は、国営または私営でのデンタルクリニックによって不十分な歯の援助患者の権利保護の場合において委任された。

複写器(うそ発見器)において精神医学学術調査は、法廷での関係者の信憑性: 目撃者、被告人、容疑者、そして、不在の証明の場合において適用されます。 この他に、うそ発見器はお金の窃盗の調査でも使用されます。

リンク 薬学学術調査は、人としての法律的立場– 民事訴訟、刑事訴訟の関係者が薬物中毒かアルコール中毒、または薬物、アルコール中毒の疑いの有無を定めるようになっています。薬学研究は、ドライバーの免許のキャンセル訴訟において、医学研究の論点が図られています。組織、資料、個々の犯罪学学術調査は以下を含みます。

金属研究専門知識(金属と合金) 塗料とニス専門知識(ラッカー、ペンキ、ペンキとニス); プラスチックとゴム製品専門知識; 薬、向精神薬、その類似物と先駆調査結果の再調査;激烈毒物調査の再調査;薬学学術調査 – 医療と薬専門知識;とGCM製品専門知識 ― 油(モーター油を含む)、燃料(ディーゼル燃料と石油を含む)、 さらに、我々は、油品質専門知識(伝達油、石油、ディーゼル燃料と太陽燃料)を提供します。

塗料とニス塗り。品質調査は、ペンキとニス塗り材料粒子、その起源、活字、構成と目的を明かすことを助けます。 この他に、それが去った形跡、その起源と自然の所有物の唯一の根源を定める能力があります。

油製品とGGM調査は燃油、油質料、専門的な流動体と道路保護研究を提供します。このような調査は種類、跡、GGMの一団、その可能性がある起源、種類、一団の付属物の本質を明らかにします。

プラスチックとゴム製品調査は、微粒子、堆積物、その自然構造と性質、付属物を定め、その他を解明するために行われています。

薬(向精神薬)、その類似物、その前駆者、劇薬物調査は、他の専門調査の確実性、真実性と専門知識結果の方法論的な正当化を確認することを手伝うため実行されます.

金属研究(金属と合金研究)は、金属と合金の物理的特質、任意や犯罪の法的手続きにおいて金属または合金の正確な化学組成を参照することが認めた。しばしば、リンク»http://sud-expertiza.ru/expertizi.php?p=228″ 金属研究は、技術車、建設、技術的で他の専門知識においての工学研究に必要な付加物です。

薬と薬学調査は、医療と薬品の良質な評価、製品準備の評価、一般的な特徴、貯蔵状況、申請準備などを管理します。


製品計画調査

製品計画調査は、家具(ベッド、ソファー、セット、ケースと作り付けの家具、柔らかい革の家具); 毛皮調査(毛皮のコート、羊皮コート、女性の毛皮のコート); 服と靴の専門調査とその他の顧客調査の独自の顧客調査を含みます。
家具専門調査は、購入された家具の欠陥、売り手と顧客との論争和解において不可欠です。
顧客調査は身元確認、その特徴の明確化、CISでEEA GNに基づく良い規約、原産国、良い状態のために不可欠です。


美術評論専門知識

美術評論および文化学的専門知識は次の分野の専門知識とする:
美術史専門知識、文化的、歴史的に価値のある非歴史的文化建築(建造)物専門知識、文化学的ポルノ専門知識(ポルノ製品専門知識)、および他の独立した専門知識。

知的財産専門知識

特許専門知識 — 登録商標、製品サンプル、発明品、有用なモデルおよび商標専門知識、および独自の著作権にまつわるもの(書物あるいは音楽著作専門知識)

発明専門知識 — 特許によって保護された新制度の著作権侵害の場合が必須となる。

有用なモデル専門知識 — 特許で制定された知的所有権侵害の場合が必須となる(誰か他人の有用なモデルの不法な使用)

製品サンプル専門知識 — 製品製造、芸術的解決策およびデザインの差別化(外部)の保護が必須となる。

商標専門知識 — 登録商標の不法使用行為、あるいは登録商標妨害行為の場合。

著作権とそれに付随する権利専門知識 — 著作権侵害の場合は、どの著者でもその著者を著作物と定める。発明者あるいは文学作品著者の名声と尊厳品位を含む。


生物学専門知識

生物学の専門知識 — 植物、動物学、微生物学、昆虫学、魚類学、鳥類学の専門知識を含む。

DNA遺伝の専門知識 — 子どもの正確な父親を定義する必要がある場合に必須(親権争い)しばしばDNA遺伝の専門知識は、DNA分子遺伝学専門知識、ゲノムの専門知識あるいは「ゲノムの指紋鑑定」などと呼ばれる。


生態学の専門知識

生態学の事故専門知識 — 環境に対する人類のネガティブな人為的影響に関する専門知識である。例として次の分野の専門知識を含むものとする:

森林破壊の専門知識、水ユニット(湖、川、湿地、湾など)の工業廃棄物による汚染の専門知識、山火事および土壌汚染の専門知識。

物理的要因の専門知識 — 人間と環境に対するネガティブな影響。

このような専門知識は、騒音および周辺騒音、振動および周辺振動、電磁気・他の放射、放射線および周辺放射線を含む。


農業の専門知識

農業の専門知識 — 次のタイプの専門知識を含むものとする:

空中生物学、農業技術的、農耕学、農薬学、動物学の獣医および獣医の毒物学上の専門知識。


家電専門知識

家電専門知識 — 次のエリアの専門知識を含むものとする: コンピューター、携帯電話、冷蔵庫、洗濯機、食洗機、エアコン、DVDプレーヤー、および他のプレーヤー専門知識、写真カメラおよびコンピューター専門知識(コンピューターとラップトップ)、プリンタおよび他の事務機器,、新しいデジタル機器専門知識- ipodとiphoneの専門知識。